.


公開日:2015年02月17日

モダンリビングでリラックス 滋賀県 湖南市 リビングリフォーム

リフォーム価格280万円
工事期間21日

こんな所を希望されていました!悩まれていました!

和室とリビングを一つのリビングにしたい。
寒さ対策を考えてほしい。
大型の壁掛けテレビをつけて、スッキリしたインテリアにしてほしい。

改善点

和室や押入を無くしてリビングを広げた、化粧筋かいで耐震性能を高めた。
24帖ほどのLDKのため、蓄熱式床暖房で均一な温かさをめざした。
壁掛けテレビの取り付けや造作家具を組み合わせトータルコーディネートに。
間接照明、ダウンライト、縦型ブラインド、造作家具などはモダンインテリアに。

リフォーム前の写真

リフォーム写真集

今回のリフォーム実績について-建築士が綴るリフォームポイント-


いままで使われていなかった和室とリビングをひとつに、間仕切り壁は、耐震上筋かいを残し、化粧仕上げにした。
たすき掛けの筋かいはクロス仕上でモダンなインテリアにマッチさせました。
寒さ対策は、24帖の大きなLDKになったので蓄熱式の床暖房で温度差のない室内空間と内窓で断熱性を高めた。
ウォールライトやダウンライトなどの間接照明でリラックスできるモダンリビングになりました。
くつろぎ空間リフォームの照明計画のポイントについて

照明は明るいほうが良いと思いがちですが、インテリアと同じようにインテリアコーディネートには欠かせない要素です。
今までの住まいでは「一室一灯」でしたが、暮らしやすさを考えたリフォームの照明プランは「一室多灯」が基本です。一部屋に一つの明かりの「一室一灯」では、蛍光灯中心で部屋の隅は少し暗く、くつろげない空間になっていました。
人の本能は本来、日の出とともに活動し日が暮れれば休む、明かりが必要な夜は、細かな作業や読み書きには必要な場所に必要な明るさがポイントになります。
くつろぎの空間リフォームの照明計画とは、弱い光でも十分に明るさを感じさせること、そうすることで心身ともに癒されるリフォームになります。

「直接光」と「間接光」について

具体的な照明方法には、部屋や机などを直接照らす「直接光」と、天井や壁に光をバウンドさせる「間接光」があります。
「直接光」とは、ダウンライトやスポットライト、天井付の照明やペンダント照明などで、「間接光」には、アッパーライト(上向き照明)やブラケットやフロアスタンドなどで、間接照明と呼ばれます。
「一室一灯」では、部屋の隅々まで照らすには強い光が必要。その強い光が目に入るとまぶしくなります。
しかし、「一灯多灯」の間接照明では光源が見えないので、まぶしさを感じることはありません。直接光にくらべると光は弱くなりますが、やわらかな明りに瞳孔が開くので、相対的に明るく感じます。
間接照明のポイントは、光源が見えない寸法にすることと、明かりをバウンドさせる壁や天井を光沢のない明るめの仕上げを選んでください。光沢のある鏡面仕上げは明かりが反射して落ち着かず、暗い色の仕上げだとあまり光が広がらないので避けましょう。

照明を多く使うと機器のコストがかさみ、光熱費も上がると心配する人もいますが、ダウンライトや間接照明は、器具自体はほとんど見えないのでデザインは関係なく、コストダウンできます。ダウンライトで1台数千円からありますので、シーリングライトに比べると半分以下のコストダウンになります。また、ペンダントやブラケットなどは照明のデザインがインテリアを左右するので、お気に入りのイメージのものを選びましょう。
最近は光熱費の低いLEDタイプの照明が主流で、電球色や昼白色など用途にあわせて、選べます。色や光量をリモコンで切り替えられるLED照明も一般的になっています。
また、暗くなったら点灯する明るさセンサー付の照明や、玄関やトイレに便利な人感センサー付照明など、さまざまな機能の照明器具も多くなりました。
リフォームの際に、これからの暮らしに必要な機能を見極めて照明計画を立てたいものです。


  • この記事を書いた人
  • 中川文仁
  • リプラン建築設計の代表。一昔前のリフォーム業界は未成熟なこともあり営業主体の経営業者や、手抜き工事による多くの問題を抱えたリフォーム業界をどうにかしたいと思い「リフォーム専門」の会社を立ち上げました。
オーダー家具ギャラリー 木造住宅耐震補助 お客様の声 リフォームかし保険