.


リプランでは、化学物質過敏症などへの、配慮としてリフォーム後のお住まいで、新建材、下地合板、接着剤などに含まれる微量の化学物質の濃度測定をおこなっています。

まだ、国の基準でも規制されていない化学物質までも、自社独自の判断で測定しております。

国のシックハウス対策により、大きな改善になりましたが、ホルムアルデヒド以外の化学物質の規制などは、まだ規制されていません。

リプランでは、安心して暮らしていただくため、住宅建材、商品について建築基準法の定めるホルムアルデヒドの規制への取り組み、F☆☆☆☆(フォースター)等級商品や低ホルム商品の選択、可能な限り自然素材の利用などを心がけています。
例えば、下地材についても、国の基準では規制がありませんが、自社独自の判断でF☆☆☆☆(フォースター)商品をつかっています。

そして、完成したお住まいで快適に暮らしていただける証として、室内空気環境の測定をおこない、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの濃度分析を第三者機関の分析センター(ダイヤ分析センター)に解析を依頼し、結果を報告いたします。

微量でも、起りうるシックハウス・・・・・・。 目には見えない欠陥住宅といっても過言ではありません。
設計、施工者の立場では、まず、使用する材料に注意し、法律遵守以上に出来ることをし、完成を測定検査をおこなうことをリプランでは、自社の取り組みとしておこなっています。


シックハウス測定公開データ


オーダー家具ギャラリー 木造住宅耐震補助 お客様の声 リフォームかし保険