.


なぜリフォームするのか?リフォームの大切さと現代のリフォーム


昔と変わってきたリフォームの意味

以前のリフォームは壁紙の張替えや外壁塗装、機器の交換、増築といった部分的なリフォーム内容が大きな割合を占めていました。


現代では工事の規格は多様化し、リフォームと一口にいっても耐震・バリアフリー・省エネリフォームなど単なる修繕・機器交換とは一線を画くリフォーム内容が増えて生きています。

たとえばキッチンのリフォームを考えた時「対面カウンターで使いやすく」と機能的に使いやすくするために、古くなった流し台をシステムキッチンに取り替えればいいだけではありません。

「新しく設置する物」だけにこだわった機器交換のリフォームでは、これからの実際の暮らしをイメージして反映していないため、リフォーム後も使い勝手はあまり変わらなかったと結果に終わります。

現代のリフォームから考えるキッチンリフォーム

キッチンリフォームを考える場合、まずキッチンが片付かないことも暮らしの問題点としておいたとしましょう。

するとキッチンが片付かない原因は、食器棚や収納のレイアウトに問題があり、最新のシステムキッチンであっても、まずはキッチンの生活動線を見直さなければというなりません。

最新の機器は確かにこれまでのお客様の要望などが反映されてきたものが多いですが、その機器をご家庭に合うようにして、効果を最大限にするには問題点を浮彫りする事が必要です。

リフォーム専門会社のリプラン建築設計ではただ単にリフォームをお手伝いするだけではなく、お客様の気づかなかったことや見過ごしていた部分をアドバイスし、住まいに不満や問題が生まれる原因をはっきりと見据えます。

そうすることで、生活の質をあげるリフォームを成功させます。


オーダー家具ギャラリー 木造住宅耐震補助 お客様の声 リフォームかし保険