.


打ち合わせはどんな風にしますか?


ご希望のイメージだけでなく、現状の困っている不満点やこんな風にしたいなど書き出してみてください。
書き出し方は自由。

「大きいTVを購入して、部屋も合うように広くしたい」とか「部屋が暗いのが気に入らない」など普段の暮らしでのちょっとした不満を書いてみましょう。
その不満が設計士にとっての設計や提案のヒントとなります。

また言葉にしにくいものは雑誌の切り抜きでも結構です。

リフォーム後に残したい家具や購入したい機器などの情報はインテリアイメージの鍵ともなり設計にも不可欠。より早い段階で伝えて頂くと、トータルから提案しやすくなります。

また打ち合わせはリプラン建築設計でも、ご自宅にお伺いして行う方法でもどちらでも行えます。


どんな風に出来上がるか心配です。


あなたが車を買うときや、晩御飯のお肉を買う時。まずは実物を見て購入しますよね。

自分で見ることで確認出来て不安が解消されます。
リフォームの場合は、リフォーム後に本当の出来が見れるので不安になられるのは当然です。

その不安を解消するためにプラン図だけではなく、イメージパースで「仕上がり具合」や「イメージ」などを確認いただけます。
文字だけや図面だけではなく、イメージとして把握できることでご家族間でも話し合いができたりしますよ。



リフォームか建て替えか、どちらにするか迷っています。


長年住んでいる建物の良さを残しながら、不満や不便を解消できるのはリフォームのメリットとなります。

逆に建て替えの場合は、既存の建物の構造に制約されることなく自由に設計することができます。

ただ昔の家を建て替える場合は、現在の法規に従って設計しなければならないので、元の家より狭くなったり、土地や周りの環境によっては建て替え自体が難しいケースがあります。

資金面で考えても、リフォームも建て替えもどちらもメリット、デメリットがありますので、まずは設計士の無料相談を聞かれることをオススメしております。


リフォームの工事は、何日ぐらいかかりますか?

工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって異なってくるため、一概に○日ということは言えません。

あえて目安をあげるとすると、全室内装工事では1週間、ユニットバスの交換は2日、システムキッチンの交換は4~5日、内装工事と水周りの設備交換などの全面改装は1ヶ月、間取り変更も含む全面改装であれば約2ヶ月というところです。

ただし目安の期間となりますので、詳細な日程については、実際の打ち合わせからお伝えさせていただいたほうが工事の流れと共に理解しやすいかと思います。


リフォーム工事のおおよその費用が知りたいのですが…。


リフォーム工事の費用については、ご自宅の現場調査をさせていただいてからとなります。

当然現場調査に入ったからといって費用が発生したり、契約が強いられることは一切ありませんのでご安心下さい。

現場調査する目的というのは、リフォームは現場の状況次第で額が変動するため、しっかりと調査してから資材・工事費・設計監理費など明快な項目でお見積りするためです。

お電話で「キッチン交換でいくら位ですか?」と聞かれることもあるのですが、その場合はこれまでの経験から「平均して約100万ぐらいでしょうか」というお答えになるため、イメージされるのであれば無料の相談フォームからご連絡頂くのが一番です。


オーダー家具ギャラリー 木造住宅耐震補助 お客様の声 リフォームかし保険