.


キッチンリフォーム

キッチンは、お住まいでリフォームが最も多い場所です。

朝昼晩の毎日の調理作業で、ほかの部屋と比べて使用時間も長いので、設備の老朽化や使い勝手のが悪くて、不満がたまりやすい部分がキッチンです。

「最新のシステムキッチンで使いやすくしたい」「家族と過ごせる開放的なキッチンに」などのご希望が多くありますが、キッチンを交換するだけで問題が解決するわけではありません。いくつかのリフォーム実例から問題点解決のポイントをご紹介します。

レイアウトも動線もシンプルなキッチン 壁付I型プラン

ダイニングまで開かれたスタイル。キッチンスペースの広さを選ばない一般的なレイアウト。

動線がシンプルなので、調理から配膳、片付けまでスムーズにこなせます。

ダイニングやリビングからの採光がとれて、比較的明るくできます。
難点は、キッチンが丸見えで、散らかってると目につきやすく、ニオイや油煙がダイニングやリビングに流れやすいところです。

自然と人が集まる、オープンなキッチン オープンタイププラン

オープンタイププランは吊戸や壁がないフラットなカウンター、空間が広く感じられるプランです。

みんなでキッチンを囲んで一緒に料理を作ることもできるオープンスタイル。

スッキリ使うには、収納の仕方やキッチン背面の使い方の計画が重要です。


視線をカットでき、収納を多く出来るレイアウト 造作壁対面プラン

対面プランでもキッチン部分はしっかりと目隠しできる、セミオープンタイプ。

垂れ壁があればウォールユニットを設置して収納量を増やせます。気になる調理の煙やにおいが広がるのも防ぎます。

集中して料理ができるレイアウトで、逆にダイニングとキッチンの空間のデザイン的なつながりはありません。

手元は隠してLDKとの一体感を 壁付対面プラン

ダイニング側からの視線を意識して、キッチン部分をゆるやかに区切るスタイル。

多少散らかっていても目につきにくく、吊戸のあるなしで収納量が選べます。

比較的広いスペースが必要になるのと、ダイニングまでの動線の配慮が必要です。


オーダー家具ギャラリー 木造住宅耐震補助 お客様の声 リフォームかし保険